【2021年最新】古物商許可のスムーズな取り方【総まとめ】

お金全般

この記事では、2021年最新の古物商許可のスムーズな取り方についてまとめて解説します。

初めてやると手間と時間のかかる、書類準備と警察署での申請から、受領、標識手配まで、この記事を読んでいただければスルーで把握いただけます。

筆者が取得した愛知県の事例を参考に書きます。都道府県ごとに事情が異なることについては、ご容赦ください。

申請準備

古物とは何かから、2021年6月に取得した筆者が経験した古物商許可の申請にあたってHPなどには書いていない注意事項について解説します。

事前電話アポ

警察署を訪ねる前の電話とその必要性について解説します。

申請時の会話

申請時に困るのが、警察署生活安全課の警察官との慣れない会話です。特に会社員の方ですと、副業許可取りましたか、と聞かれるのが怖いかと思います。それに対する対処についても解説します。

受領

申請が受領されれば、40日後に連絡が来ます。ここでは許可証を受領について解説します。

標識

掲示義務のある標識の制作としあがりについて解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました