【井之頭五郎】焼肉と言ったら白い飯派?ビール派?【あなたはどっち?】

生活全般

焼肉と言ったら、白い飯派?ビール派?皆さんのご意見・メッセージをお待ちしています!

孤独のグルメとは

井之頭五郎は「孤独のグルメ」の主人公。孤独のグルメは輸入雑貨を扱う自営業・井之頭五郎が、仕事帰りに立ち寄った店で唯々飯を食いまくるマンガです。原作・久住昌之、作画・谷口ジロー。

五郎は下戸のため、居酒屋でもノンアルでグルメを楽しみます。

当然、焼肉屋に行ってもウーロン茶なのですが、とある回で焼肉屋に入った際、オーダーして肉が先に運ばれた後、なかなかご飯が運ばれてこないのに痺れをきらし、五郎はこう言います。

早くご飯来ないかなぁ。焼き肉と言ったら、白い飯だろうが」(原文ママ)

焼肉はビール派(〆にご飯派)である筆者はこのセリフを聞いて、思った。

酒が飲めない奴に、なぜ焼肉は白い飯で食べるに限ると言い切れるのか。そんなこと分かるわけないだろう。

いやでも、ちょっと待てよ。物事は確認もせずに決めつけてはいけない。

五郎にはできないとしても、果たしてビールもご飯も普通に飲み食いする人間にとって、この問い「焼肉はビールと食べるのが旨いのか、ご飯と食べるのが旨いのか」は検証できるじゃないか、と。

ということでやってみました。

検証方法

焼肉屋に入店し、肉はもちろん、ご飯と、ビールを両方初めに注文したうえで、焼けた肉を食べて一口ビールを飲む、肉を食べて一口ご飯を食べる。

どっちが先でもいいけど、公平を期すために少な目とします。

結果、「ご飯」のほうが美味しく感じました。

好みもあるし、季節のファクターもあるとは思います。

真夏に汗かいた後のビールと焼肉、考えただけでそそられますが、その時のビールは焼肉じゃなくても美味しいですよね。

レビュアーとして表現するなら、甘いたれに包まれたジューシーな焼肉と、炭水化物としてご飯が持つ魔力、このコンビネーションの前には、ビールでさえひれ伏す、というのが、体験してみての率直な感想です。

両方頼めばいいじゃん、は違う!

こういうことを言うと、「そんなこまけぇこと言ってねーで、両方飲み食いすればいいじゃない」という人が居ますが、違います。

五郎が、飲めないからやせ我慢で白い飯に決まっている、といっているのか、飲まずとも白い飯のほうが旨いことがわかっているのか、に決着をつけるには、究極どっちが旨いのかに決着をつける必要があるんです。

上記の比較をして初めて、仮にビールのほうが旨い場合、五郎は下戸で飲めないからビールと楽しむ焼肉の旨さを経験することができない、という結論が導けるのです。

いかがでしょうか。

いつも焼肉をビールで楽しんでいる方は、「ビールに決まっているよ」とおっしゃるでしょう。常々焼肉をビールで楽しむ筆者も、検証する前はそう思っていました。

皆さんのジャッジをお願いします。

筆者がやったように、実際に試してください。やらずに決めつけるのはなしですよ。

個人的には、ご飯に軍配を上がると予想しますが、下戸でなく試された方、メッセージをお待ちしています。

ウィズコロナでの楽しみ方

5月28日、10都府県で緊急事態宣言下にあり、沖縄とともに他の9都府県も6月20日までの延長が決定されました。

筆者は、上記の話を書いたこともあって焼肉を食べたい衝動にかられ、一人焼肉に行ってきました。

こんな状況でなければ、ビールとご飯を最初に頼んで、再検証したかったのですが、それも叶いません。飲み物はウーロン茶で、ご飯で楽しみました。

左から塩タン、ウーロン茶、ご飯(大)、キムチ盛合せ2種、センマイ

最初からご飯をいただくと、お腹が膨れやすセンマイいので、いつもより2割くらいお会計が安くなり、お店には申し訳なかったです。

金曜なら、予約なしでは席を取れない、地元では割と人気のお店ですが、店内は半分くらいしか埋まっていないのも見て、なんともやるせない気持ちになりました。

皆さんに提案したいのは、ビールが飲めなくてもご飯と美味しいので、焼肉に行きませんか?というものです。検証はコロナが終わってからでも行けますし、一人飯は、自分にもお店にも安全です。

今は五郎スタイルで行こう!Go for Goro’s style!

コメント

タイトルとURLをコピーしました